Tomoko

記事一覧(41)

2018年九州ブロック大会を終えて<画像あり>

台風が来るか…来ないか…最悪の場合はどう対応しようかなどと話し合ったのがウソのような好天に恵まれた10月8日。熊本県大津町で2018年の九州ブロック大会は開催されました。2016年は長崎、2017年は福岡、そして2018年は熊本という事で今年は九州エアロビック協議会副会長でもあります熊本県連理事長大村利恵先生の地元大津町総合体育館メインナリーナ。アリーナからも外の緑が見えて、さわやかな秋風も吹き抜ける素敵な会場でした。各県の理事・スタッフ・選手の皆さん、そして今回主任審判員として大阪から来て頂いた北田先生にもお手伝い頂きステージ設営や場ミリ貼り・競技エリアの設営などの準備に朝から大わらわ。そんな中で始まった第3回九州ブロックフライト選手権でしたが、参加された選手の皆さんは吉山先生・冨岡先生リードの元、とても元気にハツラツとした動きを見せてくれました。会場の後ろを向いて皆さんにルーティンを披露するのもSAにはない吉山先生のサプライズ演出に選手の皆さんの動きにも一層力がこもっていましたね。残念ながら参加者数は昨年と比較すると少なくはありました。「これからフライト部門をどう活性化させて行くか」全国共通の課題について大会後のミーティングでも色んな意見が出されました。九州ブロックで出来る事、県連単位で出来る事、チームで出来る事、個人で出来る事…それぞれ異なりますので色んな視点から取り組んで行ければと思います。代表選手の発表は色々と手続きが済んだ後に発表致しますね。フライト選手権が終わり、短い時間ではありましたが大村詠一先生によるスローエアロビック体験レッスンもさせて頂きました。健康寿命の延伸を目的とした健康体力づくりのための運動プログラムという事で出来る限り多くの皆様に体験して頂きたい、という事で今回体験レッスンを盛り込みました。体験してみて興味をお持ちになった方は是非各県連にお問い合わせくださいませ。短い休憩時間を挟んで午後からは第1回九州エアロビックチャンピオンシップを行いました。1週間前に緊張のジャパンカップ九州地区大会を終えたばかりの選手が多い中で、本大会は程好くリラックスした状態で演技を披露出来た選手も多かったのではないでしょうか。地区大会にはないジュニアシングル・ジュニアトリオ・シニア2・シニア3・トリオ部門・ユース1男子シングル・エンジョイチームの選手達も見ごたえのある演技を披露してくれました。そんな中、初代チャンピオンに輝いた皆さん、おめでとうございます!詠一先生がデザインしたチャンピオンTシャツはもう着ましたか?やっぱりちょっと羨ましいですよね。Tシャツ欲しい…。頑張って来年ゲットしましょう♪そして、ご協賛頂いたAVIA様より、なんとAVIAのシューズがもらえるというAVIA賞(AVIA3回書きました)。そのAVIA賞(4回目)をゲットしたのはフライト選手権で最高得点出してチャンピオンシップもシングルとトリオに出て、整列の際にはちっちゃい子達の面倒も見て大活躍、島田優美恵(AERO STEP Ⅱ)。おめでとうございます!今回、ワタクシ大柿がスタッフTシャツのデザインを担当させて頂いて、その中に「チーム九州」という言葉を色んな願いを込めて入れさせて頂いたのですが、九州エアロビック協議会として初めて九州単独の競技会を開催してみて「チーム九州」というのは確かにあるんだなと感じました。役員もスタッフも審判員もリーダーも保護者の皆さんも立場が違えども顔見知りで、選手達の成長を喜び、怪我を心配し、声を掛け励まし合う光景がそこかしこで見られました。選手同士もお兄ちゃん・お姉ちゃん選手が小さい選手に教えていたり、憧れの選手としゃべって嬉しそうにしていたり。男子選手が率先してステージ設営など重労働をしてくれたり、演技が終わった選手がモップ掛けをしてくれたり。今回スタッフとして働いてくれた詠一・智美・紗織先生が現役のもっと小さい頃から良く見ていた光景が今も脈々と受け継がれていて、なんだかじ~~んと来ました。大会は県大会・地区大会・SA福岡とありますが、地元の大会ならではの良さなのかも知れません。この大会に至る過程はとても大変で中元会長・大村利恵・楠本博美副会長と大柿の4名で連絡を取り合いながら準備をしてきましたが、その苦労の先にこういう素晴らしい光景が待っているとは思わなかったので感動しました。この大会に際し、お忙しい中わざわざ熊本まで来ていただいた北田史先生・吉山喜代美先生に感謝を。丹念に、真面目に、たまにカミナリを落としながら役員を引っ張ってくれた中元会長にも感謝を。そしてこの大会に関わって頂いた全ての選手・コーチ・保護者の皆さま、各県理事・スタッフの皆様に最大限の感謝を心から。                         九州エアロビック協議会事務局 大柿知子やや画像が粗いですが、記念的なノリでご覧くださいませ<m(__)m>

九州フライト選手権・九州エアロビックチャンピオンシップのスケジュール・選手リスト

10月8日(月・祝)に大津町で行われる第3回九州フライト選手権・第1回九州エアロビックチャンピオンシップのスケジュール・選手リスト・場ミリをアップしております。参加者の皆さんはご確認下さい。<諸注意事項>①チャンピオンシップでは音源はCDに使用する1曲のみを収録。こちらでは演技前に事前確認は致しませんので音源の不備などにご注意下さい。尚、デッキの不具合で再生出来ない場合に備え予備の音源を必ずご用意下さい。②トリオ・エンジョイチームは代表者1名が受付をされて下さい。③同時受付についてフライトとチャンピオンシップ両方に参加される選手はフライト受付時にチャンピオンシップの分も同時受付可能ですのでご利用下さい。④スローエアロビック体験レッスン参加者の皆様にお願いスローエアロビックは申し込みなどはなく自由参加ですが保険の為、ご記名が必要となりますので時間内に受付までお越しください。⑤フライト選手権での九州ブロック代表選手の選出について九州ブロックからは既に今シーズン行われた各SAで代表権を獲得している選手を除き、カテゴリー部門を問わず参加者全体の上位12名(最大)まで代表選手を選出する事が出来ます。当日は部門毎に入賞者の発表及び表彰を行いますが、九州ブロック代表選手の発表は当日ではなく、後日当ホームページにて発表致しますので、お間違いないよう予めご承知おき下さいますようお願い申し上げます。何かご不明な点等ございましたらkyusyu.aerobic@gmail.comまでメールでお問い合わせ下さい。

10月8日九州ブロック大会開催のご案内

世界選手権からSA、県大会と各地で大会シーズン真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか。さて九州エアロビック協議会では10月8日熊本県大津町総合体育館にて九州ブロック大会を開催致します。今年は少しチャレンジングな大会を企画しております。まず第1部。こちらはユース・フライト選手権大会並びに全国フライト選手権に出場する九州ブロック代表12枠を賭けた第3回九州フライト選手権です。第2部は初企画!九州エアロビックチャンピオンシップです。現行、九州で行われてるスズキジャパンカップ九州大会やSA福岡は全国大会への予選という位置づけ、全国大会への通過点でジャパンカップやJOCなどの全国大会で1位になって初めて「優勝」という栄冠に輝くわけです。その全国大会という大きな山の頂上に立つまでに小さい山、中くらいの山にアタックして制覇していく過程も選手にとっては大事な経験になるのではないか?…じゃあ九州エアロビック協議会で九州のチャンピオンを決める大会をしよう!という事で九州各県の県連盟のご協力を得て開催する事になりました。ユース1女子・ユース2女子・シニア1男女のシングルだけじゃなくユース1男子、ユース2男子、ジュニアシングル&ジュニアトリオやシニア2・3、ユースペア、ユーストリオ、エアロビックダンス、エンジョイチームなど色んな部門がありますので是非九州№1を目指してアタックして頂ければと思います。詳細はリンクにあります開催要項をご覧頂きまして、ご不明な点等ございましたら問い合わせ先か各県連盟にお問い合わせくださいませ。

第13回全国フライト・エアロビック選手権大会

2月24日(土)大阪府熊取市ひまわりドームにて第13回全国フライト・エアロビック選手権大会が開催されました。SAで代表権を獲得した選手達が集って行われた2017シーズンを締めくくる全国大会。その中に九州ブロックからも女子1=4名、女子2=4名、女子3=8名、男子2=1名、計17名の選手達も元気に参加しました。毎年の事ながら会場では今年もリードを務められた沢野先生、鈴木先生の的確なリードの声に混じり仲間に声援を送る声や全国各地に広がるフライターさん同士の再会を喜ぶシーン、真剣に自分の体と向き合いながら練習をする選手達、通過者発表での歓喜の声、落胆の表情など様々なドラマが交錯した1日となりました。九州ブロックから出場した17名の選手の皆さんも皆、それぞれが本当に良く頑張っていました。昨年以上の成績が出せた選手、残念ながら想いが叶わなかった選手、競技である以上結果は出ますが全ての選手に拍手を送りたいと思います。<九州ブロックの入賞者>女子1=5位入賞 大庭奈留女子3=5位入賞 村上佳代おめでとうございます!!<九州ブロックのファイナリスト>女子1=9位 島田優美恵女子3=8位 酒井春美 女子3=12位 針尾雅美男子2=10位 船岡孝皆さん、おめでとうございます♪<九州ブロックの代表選手>女子1=竹元里穂 中島公瑠美女子2=慶田成美 ⼾⽥ ⿇利 川本 明代 ⻄垣 真穂 福⽥ 朱美 女子3=水見洋子 小関雅恵 村上陽子 平島 薫1日の長丁場の中、選手をはじめコーチの先生方、九州ブロックから審判員として入られた楠本先生、そして本部スタッフの皆様方、本当にお疲れさまでした!!また来年もこの会場に戻って今年以上の結果を出せるようSAやブロック大会頑張りましょう♪ ※竹元選手は都合により集合写真に入っておりません。